和歌山県すさみ町周参見の加藤恵子さん(67)が、このほど前橋市であった全日本マスターズ陸上競技選手権大会のW65(65~69歳の女性が対象)やり投げの部で、日本新記録の28メートル41を出して優勝した。自身が昨年出した日本記録を更新した。加藤さんはW65走り幅跳びでも優勝し、2冠を達成した。

 加藤さんは大会でW65のやり投げ、走り幅跳び、100メートルの3種目に出場した。やり投げは、自身が昨年の近畿マスターズで出した28メートル25の日本記録を16センチ上回った。走り幅跳びでは、3メートル84を記録して優勝。100メートルは16秒06で4位だった。
<...    
<記事全文を読む>