【鈴鹿】11日にF1日本GPが開幕した三重県鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットは同日、台風19号の接近に伴い12日の国際レーシングコースの全走行の全てを中止するとともに、同サーキットのホテルエリアを除き閉園すると発表した。12日に予定していたF1公式予選は13日午前10時からに延期する。

天候不順による同レースでの公式予選延期は3回目。台風に伴うレース期間中の閉園は平成16年以来15年ぶり。

同サーキットによると、競技統括団体のFIA、興業統括団体のFormula1、日本自動車連盟のほか、同サーキットを運営するモビリティランドの4者で風雨による影響を協議し、観客や競技関...    
<記事全文を読む>