ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は11日、袋井市のエコパスタジアムで1次リーグD組のオーストラリア対ジョージア戦を行い、オーストラリアが27―8で勝利した。オーストラリアは3勝1敗の勝ち点16、ジョージアは1勝3敗の同5で1次リーグを終えた。オーストラリアは決勝トーナメントに進出する。W杯2度の優勝を誇るオーストラリアは前半22分、スクラムハーフのニック・ホワイトのトライで先制。10―3で前半を折り返し、後半は3トライを加え突き放した。
 エコパスタジアムでは最終戦。台風19号の影響で横なぐりの雨が降る中、両チームのジャージーを身に着けたファンら約3万9800人が詰め掛...    
<記事全文を読む>