大分県日田市で九月二十八~二十九日に開かれた全国市町村交流レガッタに浜松市代表で出場した二俣・島ボートクラブが、壮年女子の部(漕(こ)ぎ手四人で計百四十歳以上)で優勝した。同クラブ女子の優勝は二年ぶり三回目。メンバーが九日、市天竜区役所で岡部昌之区長に報告した。

 壮年女子は全国の十六クルーが四百五十メートルのコースで競った。今夏は台風の影響で思うように水上での全体練習ができず、個々が筋力トレーニングでレベルを上げた。メンバーの鈴木育子さん(39)=袋井市=は「思いがけない優勝だったのでうれしい」と話した。

 クラブは熟年男子の部(同・二百歳以上)でも三位入賞し...    
<記事全文を読む>