2020年東京五輪・パラリンピックに向け、札幌市は8日、会場案内などを行う都市ボランティアの育成のため、日本財団ボランティアサポートセンター(東京)と連携協定を結んだ。同センターが、札幌市で12月から始まるボランティア研修に必要な講師を派遣するなど育成に協力する。

 札幌市では来年7月、サッカー男女の1次予選10試合が行われる。協定は試合会場がある自治体で結ばれており、札幌市は4例目。

...    
<記事全文を読む>