第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」最終日は8日、茨城県ひたちなか市の笠松運動公園陸上競技場で総合閉会式が行われ、閉幕した。令和最初となる国体は地元茨城がともに45年ぶり2度目となる天皇杯(男女総合優勝)と皇后杯(女子総合優勝)を獲得。兵庫は天皇杯13位、皇后杯8位だった。皇后杯の8位以内は4年ぶり。

 陸上の成年少年女子共通400メートルリレーの兵庫(桑野葵=山手高、三宅奈緒香=住友電工、岸本若奈=立命大、佃光紗=山手高)は46秒33で7位に入り、同種目で13年ぶりの入賞を飾った。優勝は45秒31をマークした大阪。成年男子800メートルは林貴裕(福井・順大)が1分...    
<記事全文を読む>