静岡県は天皇杯(男女総合)が総得点1083・5点で17位。昨年より順位を二つ上げた。皇后杯(女子総合)は総得点623点で19位だった。
 優勝は団体と個人を合わせて14と昨年より一つ上回った。会期前競技の水泳は天皇杯12位。昨年より順位を四つ下げたが、成年男子高飛び込みの萩田拓馬(静岡ビル保善)は3年ぶりに優勝し、気を吐いた。
 団体種目が躍動した。サッカーは少年男子が8年ぶりの頂点。成年男子も8強入りといずれも初戦敗退した昨年から立て直し、王国復活への足掛かりとなった。バレーボール成年男子も4年ぶり4度目の栄冠。ボートは少年男女のかじ付きクオドルプルで優勝した。<...    
<記事全文を読む>