茨城国体(いきいき茨城ゆめ国体)は八日、那珂市向山の笠松運動公園陸上競技場で総合閉会式があり、一カ月以上にわたる正式競技を終え、閉幕した。本県は天皇杯(男女総合成績)と皇后杯(女子総合成績)を獲得し、一九七四年の前回大会以来となる四十五年ぶりに両杯を勝ち取った。国体は四年後に名称が変わるため、本県での「国体」は今回で最後となる。

 (水谷エリナ)

 閉会式に先立ち、約五百人が参加するオープニングプログラムがあり、ダンスパフォーマンスや、十二日に開幕する全国障害者スポーツ大会(いきいき茨城ゆめ大会)の選手による競技のデモンストレーションなどがあった。

 閉会式には、...    
<記事全文を読む>