ドーハで行われた世界陸上の男子50キロ競歩を制した能美市出身の鈴木雄介(富士通、小松高OB)は8日、都内のホテルで記者会見し、来年の東京五輪に向け「レベルアップした姿で金メダルを目指す」と決意を語った。五輪での暑さ対策については「日差しを遮ってもらいたいが、どんなコースでも歩ける準備をしたい」と力を込めた。

 鈴木は男子20キロ競歩で優勝した山西利和(愛知製鋼)らと会見に臨み、気温30度、湿度70%に達した今大会を「ミストサウナでレースをしているような感覚。競技人生の中で最も過酷だった」と振り返った。現在も内臓疲労が残り「どんより胃が痛い。エネルギーを欲しているが、食べても...    
<記事全文を読む>