国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第10日は7日、茨城県笠松運動公園陸上競技場などで行われ、6日に男女総合優勝(天皇杯獲得)を決めた地元茨城が45年ぶり2度目の女子総合優勝(皇后杯獲得)も確定させた。また7日で出場競技をすべて終えた徳島の最下位、高知の46位も確定し、高知県は6年ぶりに最下位を脱出した。
 
 県勢は陸上の成年女子走り高跳び決勝で、武山玲奈(環太平洋大=大方高出)が1メートル75を跳んで2位に入った。また、成年男子砲丸投げ決勝で宮内育大(日大桜門陸友会=追手前高出)が16メートル61で7位入賞を果たした。

...    
<記事全文を読む>