第七十四回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」で県勢は十日目の七日、フェンシングの成年男子エペが四十四年ぶりに二度目の優勝を果たした。

 陸上では、成年男子110メートルハードルの藤井亮汰選手(県体育協会)と、同砲丸投げの村上輝選手(日本体育施設)が四位。少年男子Aやり投げの中村竜成選手(伊勢工高)が八位。ハンドボールで、少年女子が四位入賞だった。

 カヌーは、成年女子スプリント・カナディアンシングル(200メートル)の日沖悠選手(桑名西高)が六位。同男子スプリント・カナディアンシングル(200メートル)の大城海輝選手(県体育協会)が七位。弓道は、成年男...    
<記事全文を読む>