第七十四回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は十日目の七日、県勢はボート少年女子シングルスカルの武井愛奈選手=諏訪清陵高三年=と少年男子シングルスカルの近藤海斗選手=下諏訪向陽高二年=が優勝した。悪天候による競技日程の見直しで決勝戦が中止となり、準決勝一位の選手が同率一位となった。

 クレー射撃成年トラップ団体も六年ぶり三度目の優勝に輝き、スキート団体でも六位入賞。同競技では初めての総合一位(得点対象外)で快挙を成し遂げた。

 陸上では成年女子5000メートルの和田有菜選手=名城大二年=が三位、同5000メートル競歩の溝口友己歩選手=早稲田大四年=が七...    
<記事全文を読む>