激しい打ち合いとなったボクシング成年女子フライ級決勝。結果が発表されると、河野はガッツポーズで喜んだ。「納得のいかない試合が続いて悩んでいたが、やっと少し切り抜けられたかな」。苦しみながら連覇を達成し、女王の表情は和らいだ。
 難敵の和田(福井・福井県スポーツ協会)との決勝。第1ラウンドから接近戦で攻められた。「前に行くしかない」と河野。持ち味を貫き、気持ちの強さを前面に出したストレートを打ち込んだ。
 場外から指示する浜松工高時代の恩師、豊田総監督(浜松工高教)らの声を聞き、試合を進める冷静さが光った。結果は4-1の判定勝ち。「相手が上回っていると判定した審判がい...    
<記事全文を読む>