ボート少年の静岡は、かじ付きクオドルプルでアベック優勝した。
 男子は予選と準決勝で各組といずれもトップ通過。選手は「国体で勝つ」と強い気持ちで臨み、日頃の努力が結果に表れた。萩原監督(浜松北高教)は「本当によく頑張った。ありがとう」と選手に感謝した。
 女子は全国大会で上位入賞経験がないメンバーだった。予選は雰囲気にのまれたが、準決勝で本来の力を発揮した。越智監督(浜松北高教)は「予想を上回る良いレースをしてくれた」と感慨に浸った。

...    
<記事全文を読む>