茨城県で開催されている第七十四回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は七日、ボクシングや陸上競技が行われた。

 城里町であったボクシングで成年女子フライ級の河野沙捺選手(浜松工高出身、渡辺熔接所)が二連覇、成年男子ライト級の木村蓮太朗選手(飛龍高出身、東洋大四年)が二年ぶりの優勝、同ライトウエルター級の冨田真広選手(静清高出身、中央大四年)が準優勝に輝いた。

 ひたちなか市で行われた陸上では少年女子B走り幅跳びの松尾瑚捺(こなつ)選手(浜松商高)が優勝したのをはじめ、同男子走り幅跳びの北川凱(がい)選手(東海大静岡翔洋高)が二位、同共通5000メートル競...    
<記事全文を読む>