盛り上がりを見せるラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、宇都宮市西川田町、五月女(そうとめ)颯(はやて)さん(28)が、ジョージア代表チームの通訳を務めている。日本人で数少ないジョージア語の話し手として、チームに帯同しながら選手の生活を手助けする。「試合だけでなく、心に残る日本の思い出をたくさんつくってほしい」と縁の下で選手を支える。

 「選手と信頼関係を築き、チームの一員として最大限助けてくれている」

 7日、静岡県御前崎市内の練習場で、ジョージア代表のスター選手マムカ・ゴルゴゼが、五月女さんに笑顔を見せた。チームはこの日、同市の柳沢重夫(やなぎさわしげ...    
<記事全文を読む>