社会人や学生が所属する女子ラグビーチーム「神戸ファストジャイロ」が、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の盛り上げに一役買っている。兵庫県の女子ラグビーは、選手層が厚い中学生に対し、大学や社会人チームが少ない。選手たちは関連イベントに顔を出し、ラグビーを続けたい女子学生に向けチームをアピールしている。(段 貴則)

 神戸・メリケンパークに開設されているW杯のファンゾーン。日本代表がアイルランドに勝利し「世紀の番狂わせ」と沸いた翌日の9月29日、ファストジャイロの選手たちがステージに上がった。多くの来場者を前に、パスを披露すると、会場から「受けたい」と声が上がり、予定になかった即...    
<記事全文を読む>