茨城国体の文化プログラムの一環で初開催された「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」は6日、つくば市竹園のつくば国際会議場で決勝トーナメントが行われ、2日間の熱戦に幕を下ろした。本県は「ウイニングイレブン 2020」(ウイイレ)で優勝するなど3競技の総合得点で695点を獲得し、総合優勝を果たした。初代日本一の称号を手にし、「eスポーツの拠点」発信に向け弾みをつけた。

選手権は、ウイイレ、レースゲーム「グランツーリスモSPORT」(GT)、パズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」(ぷよぷよ)の3競技で決勝トーナメントを実施した。県勢は、ウイイレで少年の部が3位入賞を果たし、一...    
<記事全文を読む>