第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は6日、水戸市などで行われ、岡山勢は弓道成年男子遠的の県選抜が2年連続6度目の栄冠をつかみ、重量挙げ女子71キロ以下級の葛原麻結(平成国際大、光南高出)がジャークを初制覇した。

 弓道の県選抜は、吉田章朗(県警)徳山陽介(本山学園)西村英信(県弓道連盟)の3選手が力を発揮。1回戦で神奈川に競り勝つと、準決勝で広島に快勝し、三重との決勝は95―80で制した。

 葛原はジャークで自己新の117キロを挙げて優勝。92キロをクリアし3位に入ったスナッチと合わせトータルも1位だった。重量挙げの女子は2016年...    
<記事全文を読む>