フットサルFリーグ第21節最終日は6日、茨城県のかみす防災アリーナであった。セントラル開催2連戦の最終戦。現在2位のバサジィ大分は同会場で3位のシュライカー大阪と対戦し、1―4で敗れた。
 大分の通算成績は16勝2分け3敗の勝ち点50で、順位は2位のまま。ただし首位名古屋との勝ち点差は5に広がり、大阪とは7に縮まった。
 大分の次の試合は第22節第3日の14日で、午後1時から別府市のビーコンプラザでペスカドーラ町田と対戦する。

〇「相手に強さ」肩落とす主将
 大分は大阪との2、3位対決を制することができなかった。後半に3失点を喫して逆...    
<記事全文を読む>