茨城県で開かれている第七十四回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は大会九日目の六日も、県勢のメダルラッシュが続いた。

 弓道少年女子近的で、太田陽菜(はるな)選手(豊橋商業高三年)、酒井杏佳(きょうか)選手(同)、加藤莉茉(りま)選手(愛知みずほ大瑞穂高二年)が、県勢初優勝。またライフル射撃で松本洋選手(県警)が、五日の成年男子センターファイアピストル(60発、決勝20発)を制したのに続き、同(30発)で準優勝を決めた。

 少年女子共通三段跳びでは小寺波音選手(安城学園高三年)が準優勝。チーム戦では、柔道成年男子、アーチェリー成年男子、スポーツクライミング成年...    
<記事全文を読む>