◆ラグビーワールドカップ(W杯)1次リーグA組 日本38-19サモア(5日・豊田スタジアム)
 日本のエースがまたしても歓喜を運んだ。5日のサモア戦、福岡高出身のWTB福岡堅樹(27)が後半15分に途中出場。同35分に勝利を決定付ける3トライ目を奪った。負傷明けで逆転トライを決めたアイルランド戦に続く躍動で完全復活をアピール。「スピードを生かして、何かしらインパクトを残そうと思っていた。勝利はいったん置いて、とにかく次に集中したいと思う」。8強入りへの最終関門へと加速する。

 浄土真宗の書物にある想像上の樹木「好堅樹(こうけんじゅ)」。地中で何百年も力を蓄え、いっ...    
<記事全文を読む>