女子ソフトボールの日本リーグ1部第8節第1日は5日、県営球場ほかで6試合を行い、本県のホンダがデンソーに2-0で完封勝ちし、2004年の1部昇格後初の首位に浮上した。通算12勝4敗でデンソー、ビックカメラと並んだ。先発左腕ジェイリン・フォードが2安打完封し、リーグ最多の9勝目を挙げた。

 ホンダは初回2死から、4連続四死球を選んで1点を先制。五回には2四球と胡子路代(えびすみちよ)の遊撃内野安打で無死満塁とし、暴投で1点を加えた。

 守ってはフォードが圧巻の投球を披露。直球とチェンジアップの緩急がさえ、7回8奪三振の力投で相手打線を寄せ付けず、バックも無失策の堅...    
<記事全文を読む>