第七十四回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は八日目の五日、県勢は陸上成年男子10000メートル競歩の藤沢勇選手=ALSOK=と、ライフル成年女子の砥石真衣選手=日立システムズ=が伏射で、ともに二位に輝いた。

 陸上では他に、少年男子共通800メートルの二見優輝選手=諏訪清陵高二年=が四位入賞を果たした。

 昨年四十年ぶりの三位に輝いたバスケットボール成年男子は、準々決勝で山口県チームに敗れ、4強入りはならなかった。

◆五輪3大会連続へ照準 藤沢選手

 五輪経験もある三十一歳が、ベテランの...    
<記事全文を読む>