茨城県で開かれている第七十四回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」は、大会八日目の五日、県勢のメダルラッシュとなった。

 成年男子400メートル障害で小田将矢選手(名古屋大大学院二年)が優勝。成年女子ボルダリングは倉菜々子選手(名古屋芸術大一年)、石井未来選手(ウィルスタッフ)のペアが、成年男子センターファイアピストル(60発、決勝20発)は松本洋選手(県警)がそれぞれ制した。

 また前回大会で男女総合優勝をしたカヌー勢は、成年女子カヌースプリント・カヤックシングル500メートルで宮嶋愛選手(人間環境大職員)が優勝、少年男子カヌースプリント・カナディアンシングル...    
<記事全文を読む>