「すごいぞ日本」「ベスト8は目前だ」―。
 ラグビーW杯日本大会で日本―サモア戦が行われた5日、八戸市内の飲食店ではファンらが集まって日本代表に声援を送った。4トライを決めてサモアに快勝した選手たちの大活躍にファンたちは喜びを爆発させた。ここまで3戦全勝で、悲願のベスト8まであと一歩。青森県南の一部のスポーツ用品店では日本代表のユニホームが品切れするなど、北奥羽地方でも“ラグビー熱”は高まっている。
 大型スクリーンを用意した同市十三日町の「MARQUEE(マーキー)」では多くのラグビーファンが集結した。序盤に田村優選手のペナルティーゴールで...    
<記事全文を読む>