ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第14日は5日、愛知・豊田スタジアムなどで1次リーグ3試合が行われ、A組は世界ランキング8位の日本が同15位のサモアを38-19で下し、開幕3連勝で初の8強進出に近づいた。日本は勝ち点14でA組首位に浮上。同組の3位以内が確定し、次回の2023年フランス大会の出場権を得た。

 前半はCTBラファエレ(神戸製鋼)のトライとSO田村(キヤノン)の3PGで16-9とリード。後半は途中出場のWTB福岡(パナソニック)らのトライで加点。終了間際にWTB松島(サントリー)がチーム4トライ目を挙げ、ボーナス点1を加えた。松島はW杯通算5トライとなり...    
<記事全文を読む>