ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、大津市を公認キャンプ地としているウェールズ代表チームが四日、大津市御陵町の皇子山総合運動公園陸上競技場で、小学生を対象にしたラグビー教室を開き、交流を楽しんだ。

 大津市内の小学一~六年生約百二十人と、ウェールズ代表の選手十人、コーチ一人が参加。小学生たちは、楕円(だえん)形のラグビーボールをパスしたり、キックをしたりして、汗を流した。代表選手たちはパスやキックを指導し、小学生たちとハイタッチするなどして、教室を盛り上げていた。

 教室に参加した瀬田北小の近藤陸斗さん(12)は「選手たちは体格も大きく、一緒にラグビーがで...    
<記事全文を読む>