馬術成年男子六段障害飛越の渡辺智之は、3度目の出場で初の栄冠。大会2日目のスピードアンドハンディネスは果敢に攻めたが失敗して11位。「取り戻せたかな。一安心」と笑顔をのぞかせた。
 慎重に入った1回目で「馬の調子が良い」と手応えを感じ、気持ちに余裕が生まれた。徐々に高くなる障害にもうまく対応。3回目以降は馬の疲れも見え始めたが、呼吸を合わせて優勝にこぎ着けた。渡辺は「今大会で全国区になる感触がある。来年も良いところまでいきたい」とさらなる飛躍を誓った。

...    
<記事全文を読む>