敗れた王者はぼうぜんとした表情のまま、ゆっくりとペダルを踏んでクールダウンした。自転車少年男子スプリントの日高(静岡北高)は全国選抜、全国総体に続く頂点には届かず。「相手の方が足があった。力の差が出た」。潔いコメントの中に悔しさがのぞいた。
 決勝は全国選抜の準々決勝で破ったことがある大橋(神奈川)との対戦だった。1本目は意表を突かれた外側からの仕掛けに対応できず、2本目は直線勝負に持ち込んだものの僅差で敗れた。
 「相手に研究され、必勝パターンに持ち込めなかった」と鈴木監督は振り返る。日高の持ち味はロングスパートと終盤の加速力。この日のようにスローペースに付き合わ...    
<記事全文を読む>