男子プロゴルフのユニデン・グランドシニア・チャンピオンシップが一、二日、伊東市のサザンクロスカントリークラブで開かれた。

 日本のプロゴルフ界を牽引してきた年齢五十歳以上のプロが競う日本プロゴルフ協会(PGA)公認の大会。前年二〇一八年大会の覇者倉本昌弘プロをはじめ、静岡出身の芹沢信雄プロ=写真、尾崎直道プロ、飯合肇プロ、渡辺司プロらが名を連ね、近隣を中心に県内外から腕に覚えのあるトップアマチュアも参戦した。

 二日間ともに青空の広がる好天に恵まれて多くのギャラリーが集まり、富士山や相模湾の眺望を楽しみながら、お目当てのプロに熱心に声援を送った。

 ...    
<記事全文を読む>