第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第6日は3日、10競技が行われ、県勢はサッカー成年男子の本県選抜が優勝を飾るなど、5種目で頂点に立った。天皇杯、皇后杯の得点順位で首位の本県は、2位東京との差を広げた。


サッカー成年男子の本県選抜は決勝で連覇を狙う福井と対戦。前半16分、山口大輝(流通経大)のゴールで先制したが、後半同点に追い付かれ、延長戦でも決着がつかず、最後はPK戦で3-1で勝利した。

ラグビー女子の本県選抜は悲願の初優勝を果たした。埼玉との決勝は延長4分、内海春菜子(同)が決勝トライを決めた。

自転車はスクラッチで少年男子...    
<記事全文を読む>