アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは2日、前身の実業団チームの親会社である古河電工がユニホームスポンサーとしてチーム支援に加わることを発表した。4日に日光霧降アイスアリーナで行われる王子戦(午後6時半開始)から、左胸に「古河電工」の文字が入ったユニホームで戦う。

 1925年に日本最古の実業団アイスホッケー部として創設された古河電工アイスホッケー部は、親会社の業績悪化などを理由に98-99年シーズンを最後に活動を休止。チームは消滅の危機を迎えながらも市民クラブとして再出発し、その後プロ化。運営母体は日光アイスバックスとちぎなどを経て現在の栃木ユナイテッド...    
<記事全文を読む>