「100%とちぎ愛 下野新聞スペシャルマッチデー」となるアイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックス-デミョン(韓国)戦は1日夜、日光霧降アリーナで開催され、バックスが1-0で競り勝った。

 平日夜の開催にもかかわらず、霧降には919人のファンが駆け付け、選手に声援を送った。第1ピリオドにキルプレーのピンチを2度はねのけたバックスは第2ピリオド19分42秒にFW大椋舞人(おおむくまいと)が先制点。その後は決定機を生かせなかったが、今季新加入のGK井上光明(いのうえみつあき)を中心に粘り強く守り、逃げ切った。

 宇都宮市さるやま町、無職平石剛(ひらいしつ...    
<記事全文を読む>