第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第4日は1日、県内各地で17競技が行われ、県勢は馬術成年男子国体総合馬術で中島悠介(乗馬クラブエトワール)が初優勝するなど、5種目で優勝を果たした。天皇杯争いでトップに立った前日に続き、皇后杯争いでも首位に浮上した。

馬術は中島のほか、少年二段階障害飛越の尾野綺乃(江戸崎総合高)と成年女子標準障害飛越の吉沢彩(ヨシザワライディングファーム)が頂点に立った。成年男子自由演技馬場馬術の斉藤圭介(ツクバハーベストガーデン)、少年リレーの中島双汰(水戸啓明高)・中島妃香留(明光中)組はそれぞれ準優勝した。

剣道は成年男子が初優...    
<記事全文を読む>