プロボクシングの黒潮ジム(高知市)に期待の星がいる。四万十町出身でフェザー級の福永宇宙(そら)(21)。デビューから3連勝中で、6日に行われる第37回黒潮ダイナミックファイト(黒潮ジム主催)にも出場する。四国初の全日本新人王を目指し、「120パーセント勝つ」と闘志を燃やしている。

 

 中学では野球、高校では途中まで柔道をしていたが、その後スポーツから離れていた。生活が荒れた時期もあり、「人生を心(しん)から変えたい」と2018年2月、黒潮ジムの門をたたいた。

 けんかは負け知らず。腕っ節には自信があったが、初めてのスパーリングで4歳下の中学生に鼻の骨を折...    
<記事全文を読む>