青森県立八戸盲学校(中谷えり子校長)で9月25日、特別支援学校を活用した生涯学習講座「視覚障害理解入門」の視覚障害者スポーツ体験講座が行われた。参加した市内の学生や社会人らが、ゴールボールやグランドソフトボールなど視覚障害のある選手が行うスポーツに挑戦。視覚障害者の感覚や気持ちを体感し、障害への理解を深めた。
 講座は同校の主催。点字の基礎や弱視者の見え方体験、障害者スポーツ体験を通して、障害への理解を深めてもらおうと、今年8月から約1カ月にわたり6講座を実施した。
 講座の最終回となったこの日は、参加者4人が視覚障害者のスポーツに挑戦。参加者はアイマスクやアイシェー...    
<記事全文を読む>