北海道の鈴木直道知事は1日、8月にスイスのバーゼルで行われたバドミントンの世界選手権女子ダブルスで、日本勢初の2連覇を飾った永原和可那選手(23)と松本麻佑選手(24)に、文化やスポーツで活躍した個人、団体に贈られる栄誉賞を授与した。

 2人はそれぞれ北海道芽室町と札幌市厚別区出身で、北都銀行(秋田市)のバドミントン部に所属している。贈呈式には、同部の佐々木翔監督(37)らと出席し、鈴木知事から賞状を受け取った。

...    
<記事全文を読む>