第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」は第3日の30日、茨城県内で18競技を行った。青森県勢は、剣道少年女子が準決勝で惜敗、3位決定戦にも敗れ4位入賞だった。レスリング成年男子グレコローマンスタイル130キロ級の番地啓太(八学光星出、国士舘大)は順調に勝ち進み、準決勝に進んだ。バドミントンは少年男子、女子とも準々決勝に駒を進めた一方、成年女子は3回戦で姿を消した。相撲の少年団体は決勝トーナメント(T)1回戦で茨城に敗退。個人は山崎(三本木農)が決勝Tの2回戦で、猿川(五所農林高)が同1回戦で敗れた。成年団体は予選を2位で通過し決勝T進出を決めた。青森山田高イレブンで臨んだ...    
<記事全文を読む>