東洋大在学中に箱根駅伝で活躍し「山の神」と呼ばれた柏原竜二さん(いわき市出身、富士通)が29日、都内で開かれた東京県人会の秋季大会で講演した。柏原さんは震災と原発事故に加え、台風19号などで大きな被害を受けた故郷に思いを寄せ「一日も早い復興を願っている。県人の一人として福島の魅力発信を手伝いたい」と力強く語った。

...    
<記事全文を読む>