東根市の「果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会」の第19回大会の開催概要が30日、まとまった。3人のゲストランナーを招待し、陸上自衛隊神町駐屯地を発着点に来年6月7日に開催する。

 主催する市が30日の実行委員会で示した。ゲストはプロランニングコーチの金哲彦さん、世界陸上女子マラソン銅メダリストの千葉真子さん、スポーツキャスターで長野五輪男子ノルディック複合代表の荻原次晴さん。ハーフマラソンと10キロ、5キロ、3キロ、ファミリーの5部門で行い、参加賞として市内産のサクランボ、県産米のおにぎりなどを贈る。

 安全性とランナーの満足度をアップさせるため、サクランボ...    
<記事全文を読む>