2020年東京五輪のマラソン・競歩会場の札幌移転を主要議題として、国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会が30日から、3日間の日程で東京都内で開かれる。移転に反対する東京都が合意するかが焦点だが、IOCは「意思決定済み」との立場を崩しておらず、協議で札幌開催が決定する見通しだ。29日には、札幌市幹部が都内で大会組織委員会の担当者と会い、大通公園(中央区)発着を軸とするマラソンコースについて情報提供しており、調整委でコースの方向性が固まる可能性がある。

 調整委は非公開で、IOCのジョン・コーツ調整委員長や組織委の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事らが出席する。最終日の...    
<記事全文を読む>