全日本大学駅伝は11月3日、熱田神宮~伊勢神宮間の8区間106・8キロで行われ、前年度優勝の青山学院大(東京都)などのシード校に各地区学連代表、学連選抜チームを含めた計27チームが出場する。

 三重県内からは皇學館大(伊勢市)が3年連続の出場。6月の東海地区予選で初の予選トップ通過を果たしており、初出場した2017年の17位を上回る15位以内を目指して3度目の伊勢路を駆け抜ける。

 夏場の走り込みは「例年にないものができた」(日比勝俊監督)、「量も質もいい練習ができた」(平野恵大主将)と監督、選手とも納得の行く内容。今月3年生ながらエース格の川瀬翔矢が5000メ...    
<記事全文を読む>