東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の全日本50キロ競歩高畠大会は27日、山形県高畠町で行われ、男子は小山町出身の川野将虎(21)=東洋大、御殿場南高出=が3時間36分45秒の日本新記録で初優勝した。川野は日本陸連が設定した派遣設定記録(3時間45分0秒)を満たし、東京五輪代表に内定した。本県出身選手として内定第1号となった。
 同種目の代表は世界選手権金メダリストの鈴木雄介(富士通)に続き2人目。従来の日本記録は鈴木が4月の日本選手権で出した3時間39分7秒だった。
 静岡県勢では裾野市のトヨタ自動車東日本に所属するセーリングの富沢慎が既に代表に内定している。
<記事全文を読む>