橋本聖子五輪相は26日、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催で新たに発生する経費負担について「国ということではなく、国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会、東京都、そして開催都市ということになっている」と述べ、国が負担しない考えを強調した。

 札幌市で開かれた自民党道連の集会後、報道陣の取材に答えた。

 東京都の小池百合子知事は札幌での開催費用について国が持つと組織委から説明を受けたといい、「(会場が)変更される場合は、都は負担できない」などと話している。

 一方、鈴木直道知事は経費について「組織委や東京都が負担するものだ」とし、道...    
<記事全文を読む>