全日本大学女子駅伝(27日・仙台市)に兵庫大が初出場する。女子駅伝部が大学の強化指定クラブとして活動して10年。年を追うごとに力を付け、目標にたどり着いた。選手たちは「強いチームばかりだが、最後まで粘り強くたすきをつないでいきたい」と意気込んでいる。

 シード校を含む上位8チームが全国切符を得る9月の関西学生対校女子駅伝は「先行逃げ切り」の区間配置で臨んだ。1区山本千絵が7位で発進すると、スピードのある主将の桜井千佳が同順位でつなぎ、3区でエース大東優奈が「少しでもいい位置でたすきを渡したい」と区間4位の好走で6位に押し上げた。残り3区間も着実に走り、1時間44分24秒で7...    
<記事全文を読む>