第96回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝、来年1月2、3日)の出場権を懸けた予選会が26日、東京・陸上自衛隊立川駐屯地から昭和記念公園までのハーフマラソン(21・0975キロ)で行われる。群馬県からは12年連続の本大会出場を狙う上武大と9年連続予選会出場の高崎経大に加え、昨年創部した育英大が初めて参加する。各校10~12人が出場し、上位10人の合計タイムによって本大会出場10枠を争う。

◎無理なく走り負けない戦い
 上武大は前回、記念大会増枠の11位で本大会に滑り込んだ。今回は出場枠が上位10校に戻り、シード権を失った早大、日体大など名門校も予選会に回っ...    
<記事全文を読む>