【江別】江別出身で陸上男子十種競技の日本記録保持者の右代啓祐選手が21日、市役所を訪れ、今月、カタール・ドーハで開かれた世界選手権で自己最高位の16位に入った戦績を報告した。20日には母校・大麻泉小で陸上教室の講師を務めるなど精力的に活動。ロンドン五輪、リオデジャネイロ五輪に続き、東京五輪への出場も期待される中「自分の経験を伝えていくことで世界を目指す子どもが増えたらうれしい」と話す。

 市役所で三好昇市長らを訪ねた右代選手は、一時は大会出場が承認されず、その後に招待選手として参加が認められたことを振り返った上で、「東京五輪出場につながる記録を出すことができた」と語った。ま...    
<記事全文を読む>