札幌市内で17日に開かれた北海道市長会に臨んだ首長たちからは、東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催について、「北海道にとって大きなチャンス」「代表選手の合宿で協力したい」と、歓迎する声が一様に上がった。

 陸上長距離選手の合宿地として人気がある網走市の水谷洋一市長は「うれしいニュース。網走は国際的な評価を得ており、直前合宿の場を提供できるよう協力したい」。まちを挙げて合宿の誘致を進める士別市の牧野勇司市長も「国内外の代表選手に来てもらえれば盛り上がる」と語った。

 札幌市が招致を目指す30年冬季五輪・パラリンピックで、「明治北海道十勝オーバル」でのスピードスケート...    
<記事全文を読む>