2020年東京五輪の男女マラソンと競歩の札幌開催が決定的となった17日、札幌市と道は受け入れ態勢などについて協議する実務者連絡会議の初会合を札幌市内で開き、必要に応じて北海道マラソンの運営ノウハウを提供するなど国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会に積極的に協力することで一致した。

 会議に先立ち、秋元市長は市役所で取材に答え、「驚きと同時に光栄。最大限の努力をしたい」と歓迎し、30年の招致を目指す冬季五輪・パラリンピックに向け「大会運営能力や市民のおもてなしなど五輪にふさわしいまちであることを世界に知ってもらえる」と誘致実現に期待感を示した。鈴木知事も東京都内で...    
<記事全文を読む>